759年 万葉集の成立

    

万葉集の成立


万葉集(まんようしゅう)は、7世紀後半から8世紀後半頃にかけてうたわれた日本に現存する最古の和歌集である。全20巻で、作られた長短さまざまの歌4500余首がおさめられている。

作者は皇族、貴族、官人などが中心だが、下級官人や防人、遊女や乞食など幅広い階層の人間が詠んだ歌も残されている。成立は759年(天平宝字3年)以後とみられている。


Sponsored Link