782年 氷上川継の乱

    

氷上川継の乱


782年(延暦元年)に発生した奈良時代のクーデタ未遂事件をいう。天武天皇の曾孫の氷上川継が皇位を狙い、朝廷の転覆を企図して謀反を計画、これが氷上川継の乱(ひがみのかわつぐのらん)である。

この際、氷上川継の資人であった大和乙人が武装したまま宮中に押し入り捕縛されている。乙人は川継の謀反を自白したことから、氷上川継の乱は失敗に終わる。川継は逃亡するが大和国で捕縛され、妻の藤原法壱と共に伊豆国流罪となった。

人名用語解説


氷上川継(ひがみのかわつぐ)

氷上 川継(生没年不詳)は奈良時代から平安時代にかけての貴族である。天武天皇の男系の曾孫にあたる。

資人(しじん)

奈良から平安時代における下級官人のこと。皇族や貴族に位階や官職に応じて支給され、主人の警固や雑務に従事した。


Sponsored Link