752年 東大寺大仏開眼供養会

    

東大寺大仏開眼供養会


疫病の蔓延や内乱の発生、さらには凶作など、政治的にも不安な要素が度重なって発生したことから、国分寺・国分尼寺建立の詔が出されたが、その後の743年にも、聖武天皇は大仏造立の詔を出している。

民心を安定させることが目的とされているが、この詔を受けて建造されることになるのが東大寺盧舎那仏像である。そして752年(天平勝宝4年)、大々的な供養として、魂入れの儀式が執り行われることになる。これが東大寺大仏開眼供養会(とうだいじだいぶつかいげんくようえ)である。

人名用語解説


東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)

東大寺盧舎那仏像は、聖武天皇により745年(天平17年)に制作が開始され、752年(天平勝宝4年)に完成している。同年、参列者1万数千人の東大寺大仏開眼供養会により、インド出身の僧である菩提僊那(ぼだいせんな)が大仏の目に筆を入れている。

東大寺盧舎那仏像は当初、甲賀寺に造られる計画だったが、山火事などが重なったため、一時中止されている。そして都が平城京に戻るとともに、東大寺にて造立が開始された経緯を持つ。奈良の大仏として、一般に広く知られている。


Sponsored Link