743年 墾田永年私財法

    

墾田永年私財法


743年(天平15年)、奈良時代中期の聖武天皇の治世おいて出された墾田についての法令を墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)という。

これ以前の723年(養老7年)、三世一身法により、期限付きで開墾者の田主権を認めているが、収公の期限が近づくと耕作の意欲が衰え、荒廃する田もでてきていた。このため墾田永年私財法を定めるとともに、三世一身法による収公期限を廃止し、墾田は永年私財として収公しないことを定めた。なお、墾田永年私財法は、荘園発生の基礎となっている。


Sponsored Link