712年 古事記の成立

    

古事記の成立


古事記(こじき)は、日本最古の歴史書とされている。ただし、古事記はいくつかの写本が残るのみであり、原本は現存していない。漢字の音訓を用い、口語の日本語を文章表現することで、神代の天地の時代から推古天皇の時代に至るまでの出来事や伝説、神話、歌謡などが記されている。

天武天皇の時代から着手されていた古事記は、712年(和銅5年)に元明天皇に献上されたとされている。


Sponsored Link