3世紀後半 古墳時代の始まり

    

古墳時代の始まり


3世紀後半、国家が統一されるとともに、各地で首長や有力者たちの高塚式の墳墓である古墳が登場し始める。また、4世紀になると、大王家を中心とする諸豪族の連合政権であるヤマト王権(政権)が栄えたが、古墳も徐々に巨大化し始め、前方後円墳も登場し始める。この頃の文化を古墳文化、そしてこの時代を古墳時代と呼ぶ。

古墳時代は、3世紀後半から4世紀を前期、4世紀末から5世紀を中期、6から7世紀を後期として3分類されるが、この間に日本各地には、15万から20万基もの古墳が造られたとされている。

なお、卑弥呼が邪馬台国に君臨して以降、5世紀に至るまでの間、中国の文献には、当時の日本についての記述がないことから、正確な歴史を知ることができない。この間のことを「空白の4世紀」とも呼んでいる。

人名用語解説


高塚式の墳墓

高塚式とは、横穴式に対する言葉であり、丘陵を利用したり盛土をしたりすることにより築いた墳墓のことである。ちなみに高塚式の墳墓のことを古墳(こふん)という。

前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)

円形の墳丘の一端に方形の墳丘を連接させた高塚式古墳を呼ぶ。ちなみに日本に代表される大規模な古墳のすべては、前方後円墳となっている。大和を中心として広まった古墳である。

空白の4世紀

古墳時代以前の出来事については、日本における文献が発見されていないことから、手がかりは中国の歴史文献にゆだねるしかない。ところが、4世紀については、中国の文献にもほとんど記述がないため、4世紀の日本列島において、どのような動きがあったのかを知るすべがない。これらのことから、4世紀の時代を「空白の4世紀」と呼ぶようになった。


Sponsored Link