593年 聖徳太子の摂政

    

聖徳太子の摂政


蘇我馬子によって擁立された推古天皇は、即位の直後、甥にあたる聖徳太子を皇太子・摂政とした。聖徳太子は、蘇我馬子の協力のともに政治を行うとともに、大陸の進んだ文化や制度を学び、これらを当時の日本に取り入れていくことになる。

聖徳太子は603年、人材登用や門閥打破を目的として冠位十二階を制定する。翌604年には、豪族である官吏に対する政治的かつ道徳的訓戒としての十七条憲法を制定するなど、中央集権国家体制の確立を図った。607年、隋に対して小野妹子を遣隋使として派遣し、対等外交を求めている。また同年、聖徳太子が法隆寺を創設したと伝えられている。

人名用語解説


聖徳太子(しょうとくたいし)

聖徳太子(しょうとくたいし:574-622)は、飛鳥時代の皇族であり政治家。父は用明天皇。推古天皇即位の直後の593年、19歳にして皇太子・摂政となっている。厩戸(うまやど)皇子。また、同年聖徳太子は、四天王寺の建立に着手してる。

なお、最近になって聖徳太子実在を否定する説も出始めているが、少なくとも、聖徳太子のモデルとなった人物は存在したとされている。

摂政(せっしょう)

天皇に代わって国政を執行する職のこと。

冠位十二階(かんいじゅうにかい)

冠位十二階(かんいじゅうにかい)は、朝廷に仕える臣下を、大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智の12の等級に分け、地位を表す冠を授けるもので、603年、世襲打破を目指した聖徳太子によって制定された。

十七条憲法(じゅうしちじょうけんぽう)

十七条憲法は、天皇への服従や衆議尊重、仏法層崇敬など、官人への道徳的訓戒を内容としている。604年、聖徳太子によって制定されたとされる。十七条憲法は、憲法十七条、十七条の憲法とも言われる。

隋(ずい)

隋とは中国の王朝であり、581年から618年までの間、中国を統一した。第2代煬帝の失政を要因として滅亡し、その後は唐(とう)が中国を支配するようになる

小野妹子(おののいもこ)

飛鳥時代の政治家であり、607年、対等外交を求めるため隋に渡る。608年に裴世清(はいせいせい)を伴って帰国。ただし煬帝の返書を岐路において紛失してしまうため、一時は流刑に処される。翌年には返書と裴世清の帰国のため、再び隋に派遣されている。

遣隋使(けんずいし)

遣隋使とは、推古朝の倭国が隋に派遣した外交使節のことをいう。600年、607年、608年、614年の計5回以上派遣されている。また、この頃外交的に「日本」という名称が使われるようになったとされる。

四天王寺(してんのうじ)

四天王寺は、聖徳太子建立七大寺のひとつとされている寺であり、現在の大阪市天王寺区にある。物部守屋との戦いにおいて、聖徳太子が四天王に祈り、結果として勝利をおさめることができたことから創建されたとされている。


Sponsored Link