奈良時代

 平城京に都が置かれた710年から784年の時代を奈良時代といいます。奈良時代は、平城時代(へいじょうじだい)とも呼ばれます。天平文化が栄えるとともに、律令国家の発展期でもあります。また、政治的にも動揺の激しい時代でもあります。
    

年表

年表内の出来事を選択してください
  • 710年 平城京に遷都
  • 712年 古事記の成立
  • 720年 日本書紀の成立
  • 723年 三世一身法
  • 729年 長屋王の変
  • 729年 聖武天皇の后に光明子冊立
  • 740年 藤原広嗣の乱
  • 741年 国分寺・国分尼寺建立の詔
  • 743年 墾田永年私財法
  • 752年 東大寺大仏開眼供養会
  • 754年 唐僧鑑真が来朝し律宗を伝える
  • 757年 橘奈良麻呂の乱
  • 757年 養老律令の成立
  • 759年 万葉集の成立
  • 764年 藤原仲麻呂の乱
  • 765年 道鏡が太政大臣禅師となる
  • 769年 宇佐八幡宮神託事件
  • 782年 氷上川継の乱
  • 784年 長岡京に遷都