平安時代

 平安時代は、794年から1185年頃の平安京に都が置かれた時代をいいます。天皇や貴族が政治権力を持っていた時代でもあり、律令国家が衰退する一方で、摂関政治などが発展し始めます。また、後半には平氏が政権を握ることになりました。
    

年表

年表内の出来事を選択してください
  • 794年 平安京に遷都
  • 801年 坂上田村麻呂が蝦夷征討
  • 810年 蔵人所を設置
  • 810年 薬子の変
  • 816年 検非違使の設置
  • 823年 公営田の開発
  • 833年 令義解の撰上
  • 842年 承和の変
  • 858年 藤原良房摂政に就任
  • 866年 応天門の変