593年 飛鳥時代と飛鳥文化

    

飛鳥時代と飛鳥文化


飛鳥時代(あすかじだい)とは、推古天皇元年、593年に聖徳太子が摂政となってから、持統天皇8年、694年の藤原京への移転までの、約1世紀の時代を呼ぶ。

また、推古朝を頂点として、朝鮮半島から伝来した仏教や南北朝の文化などの影響を多分に受けたこの当時の仏教文化を飛鳥文化(あすかぶんか)と呼ぶ。

人名用語解説


推古朝(すいこちょう)

推古朝とは、推古天皇の治政のこと。


Sponsored Link